副業を始める前にシミュレーションが必要

NO IMAGE

一般企業に勤めている方については税金の考え方があまり普段気になっていないかもしれません。
しかしながらちょっとしたアンケートサイトやポイントサイトでお小遣い稼ぎをしている程度であれば問題ありませんが、ある程度の収入が必要になるような副業であれば納税の義務、そして自ら場合によっては確定申告などを行わなければならない場合も発生してきます。

ですから、本格的に副業を始めようと言う方々については最初からイメージをしておくことをお勧めしたいと思います。
まず、大きく分けていくと所得税と地方税に分けることができます。

場合によっては所得税については年間200,000円以上の収入にならなければ副業で納税の義務は発生しません。場合によってはこれは勤め先にもばれることがないのであまり気にすることなく副業を続けていくことができるかもしれません。

しかしながら、副業の収入を関係なく、どうしても納税の義務が発生してしまうのが地方税になります。ここで注意が必要なのは地方税については勤め先の給与明細にも結果的に掲出されてくるのでもし、勤め先に黙って副業を行っていればばれてしまう可能性があることです。

最近の働き方の多様化や企業そのものが副業を認める時代においてはあまり問題にならないかもしれませんが、基本的には勤め先に対してオープンにしておかなければならないのではないかと思います。そして、その理由の1つに挙げられるのがこのような地方税の考え方にあると言っても良いのではないでしょうか。

そして、次に重要なのは自分自身が副業でどの程度の収入を得ることができるかです。
そしてその収入においても全く経費がかからないものであれば完全な収入になりますが、経費が発生するようなものであれば差し引いて考えることができます。
もちろんのことながら、クラウドソーシングやアンケートサイトなどであれば、全く経費がかかることもないので完全な所得と考えることができます。

このようにして自らの収入、所得を明確にしてどの程度の収入があるかを見込むことによって税金の想定をすることができるでしょう。

このようにある程度自らの副業収入を想定してどのような副業を、どの程度スタートするかを決めることによって、結果的に自らの納税の趣味レーションまでできるようになりますし、勤め先に対してもやはりオープンにしておくべきだということが理解いただけるのではないかと思います。