副業で株式投資が選ばれる理由。

NO IMAGE

株式投資を副業感覚で始める人が増えてきている。

証券アプリの進化により、スマホ1台あれば誰でも株式投資を行うことができる。
また、資格を必要とせず、証券口座を解説すればすぐにはじめられる参入障壁の低さも好まれる理由だ。
ネットの発達により株の情報を得やすい環境も整っている。
今ではサラリーマン、主婦、学生などあらゆるステータスの人が株取引を行っている。
そんな株式投資が副業して人気の理由を以下にまとめてみた。

今、株をはじめる人が増えている理由

 2020年のコロナ危機に伴う世界各国の量的緩和が株高の追い風となっていることが、株参入者が増えている大きな理由だ。量的緩和による各国政府や中央銀行の紙幣のバラ撒きにより、市中にお金が溢れている。
そのお金が株式市場に投入され、株価が上昇しやすい傾向となっている。
またテレワーク業界の加速したことも、株式投資への参入者の増加を加速させる要因だ。
 株参入者増加の流れは、日本だけでなく世界各国で進んでいる。
アメリカでは、この株高トレンドの乗るべく、いわゆるロビンフッダーと呼ばれる個人投資家(「ロビンフッド」という株取引アプリを使う個人投資家)が急増。連日経済ニュースでも話題となっている。

複利効果

労働収入と異なり複利効果が得られることが株式投資が魅力の一つだ。
株式投資で得た利益を元本に加えて運用を続けることで効率的に資金を増やすことができる。
短期的には小さな利益だとしても、長期敵に再投資を続けることで、着実に資金を増やすことができる。
もちろん元本割れリスクあることは認識が必要だ。

誰でもはじめやすいビジネス内容

スマホ1台あれば誰でも取引できる手軽さが、人気の1つだ。
株式投資は1日中PCのモニターに張り付いているイメージを持つ人も多いかもしれない。
しかし、これはスキャルパ―、デイトレーダーと呼ばれる短い時間軸で取引する一部のトレーダーに限られる。
株取引は基本的に1つの銘柄を中長期で持つものなので、逐一値動きをチェックする必要もない。
そのため、時間が取れない日々忙しい人も取り組むことができる。
 また、最近では1株(通常100株単位~の購入が多い)から株式を購入できる証券アプリもある。
まとまった資金がなくても株式投資を始めることができるし、経験が浅くリスク許容度の低い人にとっても、株式投資に挑戦しやすいサービスだ。

情報収集がしやすい

ネットの発達により個人が良質な情報を得るための環境は整ている。
その中でもyoutubeは株式投資初心者の勉強としても活用できる。
現在、実力のある個人投資家や人気投資系ブロガー、元ファンドマネージャーが次々とYouTubeに参戦。
良質な情報を分かりやすく入手できる。
また、速報性の高い情報を得るにはTwitterが有効だ。
株価に影響を及ぼすようなニュース、業績情報、決算情報、企業に対する口コミや評判もいち早く知ることができる。
その他企業の業績や財務状況を検索できるサイトも多数ある。

まとめ

株式投資は、ネット・アプリの進化によりスマホ1台で手軽に始められるため、副業としてのニーズが増えてきている。
もちろん元本割れの恐れもあるが、流行り廃りのない市場のため、身に着けて住まえば一生使えるスキルだ。
2021年以降も、余剰金を株式投資に回し、お金に働かせる流れが今後も増加すると想定される。